ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2014年03月26日

クラウンローチ水槽

コリ稚魚ちゃん達を本水槽に合流させるのを機に、
色々とメンバー入れ替えに踏み切りました(^^)
かねてからクラウンローチの仲間を増やしてあげたい、という思いもあり。
チビコリちゃん達の安全を確実なものにしたい、という思いもあり。
40p水槽に、クラウンさん&ブッシーさんをお引越しさせることにしました。
そして、クラウンさんにもお友達を2匹お迎え〜〜♪
140326~1.JPG
最初は3匹別々な所に隠れていてなかなか動かなかったんですが、
一旦出会った後は、もう、すっごい仲良しになっちゃいました(^^)
一番左にいる子がもともとうちにいた子。
背鰭からの黒い柄の太さとカーブがちょっと違ってるんですよね。
あと、目の大きさというか、黒目の大きさがちょっと違うし。
目が違うと、表情まで違って見えて、それがまた性格の違いにも思えて面白いです。

3匹連れだって、壺の中を探検してみたり
140326~4.JPG
まるで、キャーキャー声が聞こえてきそうなくらい、
あちこち楽しそうに3匹で遊びまわってます。
140326~3.JPG
以前、クラウンローチの飼育サイトで、
クラウンローチは複数飼いしてこそその魅力がわかります、
みたいなことが書いてあったんですが、
いや、ほんと、1匹だけの時では絶対見られなかった表情というか、しぐさというか・・・
もともとお魚の中ではかなり表情豊かなかわいい子だとは思ってましたけど、
仲間がいたらこんなにもかわいくて魅力的な子達なんだ、と、改めて発見したって感じです。

ブッシーさん達もお引越しして結構居心地良さげです。
あ。流木の上に石が乗っかってるのは、そのへんに置きっぱなしにしていた流木がすっかり乾燥しちゃってぷかぷか浮いてきちゃうので、しばらくは石を乗っけておこう、ということでwww
140326~2.JPG
ブシ子さんは砂利はむはむに夢中。
チビブッシーさんはヒーターのコケをはむはむ中。
やっぱり細かい砂よりも石とか砂利の方が過ごしやすいのかも???
ベアタンクにしようか結構迷ったんですけど・・・
金魚水槽の使い古しの砂利は、どうやらかなり美味しいらしいので(笑)
とりあえずしばらくは大磯で様子をみようと思います。

そして、ブッシー&クラウンさんがいなくなったコリ水槽でも・・・
みんななんとなくゆったり過ごしている気がします(^_^;)
今までも争いがあったわけではないんですが。
出会いがしらにびっくりしてババババーー!!っと激しく逃げるとかはあったので、
おっとりしたコリ達にとっては、その「びっくり」ってのが結構なストレスだったのかも??
チビコリちゃん達も、大人コリに混じって砂をもふもふ。
ちゃんとエサも行き渡ってるみたいだし、クラウンさんにちょっかい出される心配も無いし。
コリ水槽に細々生きながらえているミナミさん達も安心して過ごせる事でしょうwww
posted by kaori at 22:22| Comment(6) | TrackBack(0) | ローチ

2013年08月23日

クラウンさんの進歩

130823_1905~01.jpg久々クラウンローチさんです。
他の子にちょっかい出してはヒヤヒヤさせられたクラウンさんですが。
最近、とっても穏やかな良い子になりましたよ〜♪

クラウンさんが近くに来ると、なんとなく落ち着かなくて距離を取りがちだった臆病者のパンダ達が、なんと一緒のシェルターでお昼寝できるくらいにまでに仲良しに!

仲良し…???ってのは言い過ぎですが(笑)警戒されなくなったってのはなかなかの進歩!もうイタズラ小僧は卒業です(^_^)v

そして、もう一つ!
ほんの少しではありますが、写真のように砂をモフってエサをつついてみたりするようになりましたっ!
まぁ、まだまだ「こんな不味いの好きじゃないんだけど」オーラ全開ではありますが。。
生エサにしか反応しなかった日々を思えば、これは大きな進歩ですー♪

とは言え、やっぱり赤虫大好きだし、たまに水草に隠れてひっそり生き残っていたタニシの残骸を発見する事もありますが…1週間前からコケ対策に遠征してもらってる石巻貝さんは狙われる様子も無いようで、ちょっとホッとしてるところです。

いつかは、嫌々でもキャットをちゃんと食べてくれる日も遠くない?かな??
って……睡蓮鉢の方ではまたしてもタニシが大繁殖しちゃって困ってるんですけどねー(^_^;)
ま、それはまた追々考えるとします。
posted by kaori at 19:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ローチ

2013年07月31日

食べちゃったの!?

130731_1757~02.jpgまさかとはおもってましたが…
ひっくり返って動かないタニシ…おかしいと思ってたんですよね。。ツンツンされて向きが変わったら、既に中身がいらっしゃらない事に今朝やっと気付きました(;_;)
そう言えば、ここ数日、夜中にカチカチ音がしてたんでした。
あれは、タニシの殻をつついてガラスにぶつかっていた音だったのか…

クラウンローチさんってば。こんな大人のタニシまでいっちゃいますか…?
せっかく君のためにせっせと稚貝を産んでくれてたタニシさんだったのに。。

う〜ん。キャットに餌付けさせようと赤虫とミジンコ減らしたのがいけなかったか…ってか、むしろスネールを一切入れずに様子を見るべきか…?

とにかく、コリ達に被害が及ばないよう気を付けなくては。。
posted by kaori at 19:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ローチ

2013年07月06日

スネール対策

あまりに増えすぎるタニシ対策のために、ちょっと前にこの子をお迎え〜。
130706_0801~01.jpg
体長4pほどのクラウンローチさんです♪ほんとは群れ飼育するのが望ましい種類なのはわかってますが・・・成長するとボス争いとかあるし、大きくなるし、ちょっと厳しいかなってことで1匹だけのお迎えです。
しばらくは出目金水槽で同居してもらっておりました。タニシの稚貝を入れてみたところ、ガラスにくっついてるやつを落としてまでは食べられないみたいですが、底に落っこちたやつとか砂利の上を這ってるやつは上手い事つついて食べてました。スネール対策にはばっちりですね。

って・・・まぁ、タニシがかわいそう、という声もあるかとは思いますが・・・増えすぎて私が駆除するのとどっちが残酷なんだか、って話で。。。そもそも魚達を水槽に閉じ込めて家に置いてること自体が・・・ね。。。人間ってやつはほんと、傲慢で残酷なんだって事は自覚の上です。
だったらせめてちょっとでも自然に近い形で淘汰されていく方が良いのかなぁ〜なんてね。クラウンローチさんが美味しく食べてくれるなら、タニシの命も無駄にはならないもんね。

で、最初は出目金達ともそれなりに問題無く過ごしていたんですが・・・・
やっぱり金魚との同居は、長く続けられるものでは無かったようです。
一番の問題は、エサが回らない事。最初に出目金達に金魚のエサをあげておいてから冷凍赤虫を投入したりしてたんですが、これがまた、出目金達に赤虫までもが横取りされちゃって。。ローチさんはまだちょっと小さ目だから食べる速度が遅いってのもあるみたいですが。金魚のバキュームにはとても太刀打ちできるものではないようでした。
そんな感じで数日後にはかなり空腹になったらしいローチさん、なんと黒出目さんの尾鰭をツンツンしだしちゃったんです・・・(汗)うわー!って焦って見てたら、なんと大きい方の出目金が黒出目を庇うかのように、ローチとの間に割って入って追い払ってあげてたんです!そして2、3回怒られたローチさんは、その後はなんだかしょんぼりして尾鰭をつつく事をしなくなったので、ちょっとびっくりしてしまったんですが。。。
しかし、それで感動してはいられない、黒出目さんの尾鰭には1カ所切れ目が出来てしまったし(涙)早く別居させなきゃ、ってことで、コリ水槽へとお引越しした次第です。標的になったのは黒出目金の方だけなので、多分この子の方が動きがのんびりで尾鰭が長いから狙われたのかな、と。。。

クラウンローチは大きくなるから、ほんとは金魚と仲良く同居できたら良かったんだけどな。。
コリ達が襲われないか、いたずらされないか、ちょっと心配だったんですが・・・
どうやら、金魚に比べて動きが俊敏なコリ水槽メンバー達は、全く問題無いみたい。ホッ。良かった。一緒に泳いでる魚達はエサでは無い、と認識してくれてるみたいではありますが・・・自分の身体が大きくなってもその認識が変わらないものなのか、そこはちょっと微妙なの?かな・・・??
とりあえず、最大30cmとも言われてるクラウンローチなので。水槽内だとしても最低10〜15cmにはなるはずだから。大きくなってもし凶暴になってしまったらすぐにもう1本水槽増やして単独飼育させる覚悟の上での飼育開始です。
130706_0754~02.jpg130706_0755~01.jpg
今のところ、一番小さいコリパンよりちょっと身体が長くて、幅はすらっと細い感じ。
コリ達にはちょいちょい寄って行ってちょっかい出そうとしてましたが、動きが素早いので全く相手にされず(笑)そして、プラティ達は全くの無関心。プラティ稚魚の事はさすがに興味津々で追いかけてみたりしてましたが、全然追いつけなくてそのうち諦めたようで、その後は近くに稚魚が来ても無関心になってました。稚魚を追いかけるのはブラックモーリーも一緒なので、これはもう本能だからしょうがないと割り切ってます。いつか弱った個体がいたら、多分食べられてしまうんだろうな・・・かわいそうだけど、それもまた仕方がないかな、と思ってます。

それにしてもこのクラウンローチ、ほんっと面白い子です。
水流とエアレの間で飽きるまで滝登りして遊んでみたり、いろんな隙間を覗き込んでみたり、シェルターに顔突っ込んで覗き見してタイガープレコに追い払われたり(笑)コリの塊りの中に上から突っ込んでみたり、モーリーの後を追いかけて泳ぎ回ってみたり・・・まだ小さいから動きがせわしないってのもあるんでしょうけど、ほんと好奇心旺盛でまるで幼稚園児みたいな行動でかなりかわいいかも・・・w
スネール対策なんて言いながら、どんどんそっちはどうでも良くなりそうな可愛さです♪

そういえば・・・・モーリーの黒い稚魚が数日前から姿が見えなくなりました(涙)
1匹しかいなかったし、モーリー母さんが死んでしまった今となってはもうモーリーの繁殖は望めなくなりました。我が家に来た時既に大人だったモーリー達、それほど寿命も長くないはずなので・・・新たに雌を迎える事は考えてません。とりあえず、プラティの稚魚の成長具合をみないことにはね。。。
posted by kaori at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ローチ