ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2014年12月31日

睡蓮鉢の様子

昨年のちょうど今頃は、年明けのマンション大規模修繕に向けて、植木やらメダカ達やらの避難準備に大忙しだったんですが。いや、あっという間に一年過ぎてしまうものです(^_^;)
今年はいつも通り、ベランダにて冬越しです。
20141231~1.JPG
素焼きの方が楊貴妃メダカ達のいる睡蓮鉢。
というか・・・もはや睡蓮など育てていないのでメダカ鉢と言った方が正しいか?(笑)
左の方が青メダカ達のいる樽型プランター。
こちらには以前コリ水槽から移してきたバナナプラントも植わってますが、葉っぱはちょこちょこ育つもののこの夏は花も咲かず、バナナの殖芽を作るまでには至りませんでした。やっぱり日当たりがそれほど良くないからでしょうか。。
まぁ、枯れずに育っているだけでも良しとしますか。。

20141231~2.JPG
楊貴妃メダカは室内に避難させた時の環境変化で数が減ってしまいましたが、それでもこの夏3匹の子供が産まれました。親で生き残っているのは1匹だけですが・・・・
真っ赤な大きい子が第三世代の大人楊貴妃。そしてその周りにいる薄い色の小さい子達がこの夏産まれた第四世代の子供達。まだかなり色が薄いです。成長したらもう少し色が濃くなってくるとは思うんですけど・・・とりあえず来年はまた新しい血を入れなくちゃ、って感じかな。。

20141231~3.JPG
そして、青メダカの方はと言うと・・・この夏産まれた子達の中に、かなり色の濃い黒っぽい子達が混じってました。黒いプランターだからなのか?それとも先祖返り的なものなのか?良くわかりませんが。
お友達に数匹あげてもまだ結構な数が産まれてきました。採卵もしていないのにwww
こちらの樽では、もはや第四世代なのか第五世代なのかわからないくらい、大人もチビも卵を産み続けるので・・・やっぱりこの辺で新しい違う血を入れてあげるべきなのか悩みどころです。
とは言えまたまた活発に増え続けてもね。。これ以上鉢は増やせない(笑)
それに加えてミナミヌマエビ達もうじゃうじゃ増え続けるので、こちらはもはや未知数(^_^;)

我が家では基本的にメダカ達はほぼ放置状態です。
年に一度春先に完全リセットしてますが、それ以外はたまに足し水する程度。
エサやりは気温が上がってきたら一日一回。気温が下がってきたら数日置きに。
真冬でも冬眠するほど水温が下がらないので、天気の良い日の午前中にたま〜にエサをあげてます。
こんな超手抜き飼育でも何年も元気に育ってくれてるのはありがたいことです。
コリ水槽の上層がちょっと寂しくなってるので、楊貴妃達を室内水槽に入れようか迷った時期もありましたが・・・やっぱりメダカには外で日光浴びてる方が似合うかな、と(^^)
来年もまた、このまままったり続けていこうと思います。

ということで。
ほとんど半年更新せずのブログではありましたが。
今年も色々とお世話になりました。
また来年もよろしくお願い致します。
posted by kaori at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | メダカ

2014年04月22日

メダカの引っ越し

マンションを覆っていた足場が完全撤去!!
わーい!!やっとベランダへの他人の出入りが完全になくなりました(^^)

ここ数日ちょっと寒かったんですが、やっと今日はお日様が顔を出し、
仕事もお休みだったということもあり・・・
思い切ってメダカをランダの睡蓮鉢へとお引越しさせました。
140422~1.JPG
年明け、室内に入れてすぐくらいに楊貴妃が3匹落ちちゃいましたが
それ以外はみんな元気に冬を越しました。卵もちらほら・・・
そして、またもや底の泥や砂利に混じってミナミさんの稚エビがうじゃうじゃ。。。(^_^;)

稚エビだけはまだ全部は掬いきれていないので、プラケースはまだそのままですが。
メダカ達は住み慣れた広い睡蓮鉢に戻れて、なんだか気持ち良さそう〜〜。

なーんて言ってるうちに、午後には雲行きが怪しくなり、雨が降り出したのですが(T_T)
むーーー。なんとかこの急激な気温変化を乗り切ってくれるといいけど。。
このメダカ達も4世代目が育ちつつあるので、
今年は新しい血を入れてあげようかな、と思ってます。

そうそう。バナナプラントも屋外で育てる試みですが・・・
鉢から出して、底に敷き詰めた赤玉土に直接植えてみました。
この睡蓮鉢の中でどう育つのか、全くの予測不能ではありますが。。。
日光たくさん浴びて、なんとか次世代のバナナ殖芽を作ってくれるといいなぁ〜〜(^^)
posted by kaori at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | メダカ

2013年09月09日

警戒心無さすぎでしょ

130909_1041~03.jpg睡蓮鉢にお玉を入れると、なぜか楊貴妃達がお玉に入って来ます(笑)

をいをい(^_^;)それじゃ、すぐ捕まっちゃうよー??
警戒心無さすぎにも程がある(笑)

実はこのお玉、睡蓮鉢に足し水をする時に使ってます。
底のゴミや土が舞わないようにお玉を水面に置いて、バケツに汲み置きしてある水をカップですくってドボドボ入れる、と。

なぜ楊貴妃達がお玉に入って来るのか…?多分、ここから新しい水が出てくるのわかってるからかな…??
汲み置きバケツは、ちょっと日陰になってるので、水温も低くて気持ち良いのかな(^_^)

私の姿を見ると、青メダカも楊貴妃メダカもわらわら寄ってくるんですが…
お玉を入れると、青メダカ達は、なんだなんだ?エサじゃないんか〜い!って感じで逃げて行きます。
そして、足し水終わると、次はエサだよね?ほら、早くエサ!エサ!ってパクパク催促(笑)

楊貴妃メダカ達は、新しい水気持ちイイ〜!!
って感じにお玉にスイスイ乗ったり回ったり大はしゃぎ…
エサより水が嬉しいのか。。

今年の暑さは尋常じゃなかったから、水温も高いし水の減りも早くて、
足し水が何より嬉しかったのかもねぇ…
しかし。この両者の態度の違いは如何なものか??(笑)
睡蓮鉢の方が水量が少ないからか?青メダカの方が食いしん坊だからか?

う〜ん。ま、とりあえず楊貴妃達もなんとか無事に夏を越せたので一安心です♪
posted by kaori at 22:04| Comment(6) | TrackBack(0) | メダカ

2013年08月15日

本能だもんね

130815_1544~01.jpg今朝、青メダカプランターにて、1匹底に横たわっている子を発見(T_T)まぁ、これだけ暑かったらね…弱ってしまうのも無理はないのですが。。
ただ…死んじゃった子は、去年の春に産まれたまだ2年も経っていない子だった、っていうのがちょっとショックです。

とりあえず水が傷むので、取り出そうと思ったら…あれ?なんか動いてる……?

と、思ってよくよく見たら、ミナミヌマエビさんが2匹、一生懸命メダカの死骸を引っ張ってるではありませんか…(^_^;)
そして、尾鰭の方には5mmくらいのタニシが2匹、これまた必死に張り付いてるし……

をいをい……

って事で、とりあえず朝はそのまま放置して仕事に出掛けちゃいました。
そして、仕事終わって帰ってきて見たら、メダカはそのまま底に横たわったまま。。。
???てっきり食べられちゃってるかと思ったんだけど…?

そんなわけで、先程ようやく亡くなった青メダカさんを
大きいプランターの端っこに埋葬する事ができました。
ミナミさんもタニシ達も、食べるつもりじゃなかったのかな?
とりあえずついつい寄って来ちゃった感じなのかな?
本能とは言え、なかなか興味深い生態を見せてくれますな…(-.-;)
posted by kaori at 18:50| Comment(4) | TrackBack(0) | メダカ

2013年07月10日

イトミミズ(閲覧注意)

今日は久しぶりに予定の無い平日休み〜〜♪
もっと暑くなる前に、お友達に里子に出す予定の楊貴妃メダカ稚魚達の輸送準備。って・・・彼女のマンションはうちから歩いて2分なんですけどね(笑)
ご主人がどうしても室内に水槽を置く事を許してくれないということで、うちと同じようにベランダで飼えば?って事になり・・・とは言え、なかなか睡蓮鉢を用意するのも大変・・・ってことで、もう少し大きくなるまではあんまり環境変えない方が良いだろうし、だったらこの発泡スチロールごと持って行くよ♪ってことで話がまとまりました。

が、しかし。私のメダカ飼育は、基本「放置」なもので、なかなかの見た目の悪さ(^_^;)まさかこの汚いままで差し上げる事はできない!
ってなわけで、朝から大掃除〜。バケツに飼育水半分と汲み置きの水を入れてメダカを移し、水草は別なバケツでバシャバシャ洗い綺麗に茎を揃えて綺麗にまとめて、と。
そして、この小汚い発泡スチロールを洗うか・・・と、思ってよくよく見たら、怪しい細長いゴミのような塊がいくつも・・・これはまさに!そう、イトミミズです。。。彼らはゴミとかコケとかフンとかでこういう細長い管みたいな巣(?)を作って隠れてるんですよね。
そう思ってちゃんとみたら、いましたいました。まだ細くて小さいイトミミズが数匹。
そういえば、去年も稚魚ケースにイトミミズが湧いて、ピンセットでつかまえて金魚にあげたりしてたんでした(笑)きっとどこかに卵が残っていたのかもねぇ。確か、乾燥してても水に入れるとまた産まれるって聞いたことがあるから。ものすごい生命力です。

去年は途中で嫌気がさして、イトミミズごと洗い流しちゃったんですが・・・今年は・・・メンバーも増えた事だし、きっと喜ぶ子がたくさんいるはずと思うと、せっかくのイトミミズを捨てるのはもったいなさすぎる〜〜〜。ってことで。とりあえず発泡スチロールの中身をバケツに空けて、まずはメダカの引っ越しを。
周りに付いたコケは洗わずにそのまま、ゴミだけ取って稚魚達を戻しました。
まぁ、結局あんまり綺麗になってないけど、こんな感じ。
130710_1302~02.jpg

そして、今度はじっくりイトミミズの捕獲に取り組むことに(笑)ってか、子供の頃も、よく道路の側溝とかにイトミミズ取りに行ってたんです。自分が飼ってた黒出目金のためにw
まぁ、田舎でしたから。側溝を流れる水も、裏山から流れ出てきた綺麗な沢水で、ミツバやセリが自然に生えてるような場所でしたから、今のようにイトミミズが汚い泥水の中に住んでる生き物という認識はありませんでしたし。寄生虫や病気の知識も無く、怖いもの知らずだった事は否めませんが。幸いにも当時育てていた黒出目金は、病気もせずに15年くらい一緒に過ごすことができました。

昔は、こんな田舎イヤだなーって思った事もありましたが、今となっては海と山と川とに囲まれた綺麗な自然の中で子供時代を過ごせた事がどんなに幸せなことだったかよくわかります。そして、いろんな自然に対する知識を教えてくれた父にも、今更ながら感謝してます。
ほんと、小さい頃は毎日が楽しかったなぁ〜〜。

なんて・・・ちょっと昔を思い出しながら必死にイトミミズ取り。これがまた、ゴミが取れないし、逃げまくるし、ピンセットでつまんでも、勢い余ってつぶしちゃったりするしーーー。最後にはだんだん平気になってきて、ゴミのような泥のような塊を指で広げてイトミミズを探し出す、という(笑)
そして1時間頑張った成果がこちらです。
130710_1303~02.jpg
思った程大漁ってわけにもいかず、ちょっとがっかり・・・そして、やっぱりゴミは取りきれなくて、そのゴミに集まって必死に隠れようとするイトミミズ達。う〜ん。。ちょっとかわいそうだねぇ・・・・
もしかして、なんとかこれをもっと繁殖させる手立てはないものか?と、色々調べてみたりもしたのですが。結局のところ、たくさん増えたところであんなゴミまみれのまま食べさせるわけにはいかないわけだから・・・また綺麗に洗って選り分ける手間を考えたら・・・・ま、無理ですな(笑)
イトミミズを繁殖させて販売している業者の方々は、いったいどうやって綺麗に洗浄してるんでしょうねぇ????

あ、でも、もしかして水槽の砂の中に潜ったりして生き延びてくれたら、上手い事食物連鎖の輪が繋がったりなんかしない???かな???って・・・やっぱり無理ですよね。捕食者の方が断然数が多いんだし。しかもイトミミズが大発生する水槽なんて、水質ヤバ過ぎだし(笑)
と、思いつつも、一縷の望みをかけて、コリ水槽の目立たない影のあたりにイトミミズ達をばらまいてみました。
130710_1320~01.jpg
見える所ではもう、早速プラティとモーリーに奪われちゃったし、物陰部分のはプラティ稚魚達が狙ってきてました。なんとか砂に潜り込んだイトミミズもいたんですが、完全に潜るわけではなく体の一部を上に出してゆらゆらさせるので・・・もう、襲ってくれって言わんばかりの動き。。。そして、水草の陰あたりにばらまいたイトミミズたちには、コリ軍団が群がっていってました。
ま、そんなもんよね(笑)とりあえず、皆さん大喜びで食べてくれたので、良しとしましょうw
posted by kaori at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | メダカ