ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年07月10日

イトミミズ(閲覧注意)

今日は久しぶりに予定の無い平日休み〜〜♪
もっと暑くなる前に、お友達に里子に出す予定の楊貴妃メダカ稚魚達の輸送準備。って・・・彼女のマンションはうちから歩いて2分なんですけどね(笑)
ご主人がどうしても室内に水槽を置く事を許してくれないということで、うちと同じようにベランダで飼えば?って事になり・・・とは言え、なかなか睡蓮鉢を用意するのも大変・・・ってことで、もう少し大きくなるまではあんまり環境変えない方が良いだろうし、だったらこの発泡スチロールごと持って行くよ♪ってことで話がまとまりました。

が、しかし。私のメダカ飼育は、基本「放置」なもので、なかなかの見た目の悪さ(^_^;)まさかこの汚いままで差し上げる事はできない!
ってなわけで、朝から大掃除〜。バケツに飼育水半分と汲み置きの水を入れてメダカを移し、水草は別なバケツでバシャバシャ洗い綺麗に茎を揃えて綺麗にまとめて、と。
そして、この小汚い発泡スチロールを洗うか・・・と、思ってよくよく見たら、怪しい細長いゴミのような塊がいくつも・・・これはまさに!そう、イトミミズです。。。彼らはゴミとかコケとかフンとかでこういう細長い管みたいな巣(?)を作って隠れてるんですよね。
そう思ってちゃんとみたら、いましたいました。まだ細くて小さいイトミミズが数匹。
そういえば、去年も稚魚ケースにイトミミズが湧いて、ピンセットでつかまえて金魚にあげたりしてたんでした(笑)きっとどこかに卵が残っていたのかもねぇ。確か、乾燥してても水に入れるとまた産まれるって聞いたことがあるから。ものすごい生命力です。

去年は途中で嫌気がさして、イトミミズごと洗い流しちゃったんですが・・・今年は・・・メンバーも増えた事だし、きっと喜ぶ子がたくさんいるはずと思うと、せっかくのイトミミズを捨てるのはもったいなさすぎる〜〜〜。ってことで。とりあえず発泡スチロールの中身をバケツに空けて、まずはメダカの引っ越しを。
周りに付いたコケは洗わずにそのまま、ゴミだけ取って稚魚達を戻しました。
まぁ、結局あんまり綺麗になってないけど、こんな感じ。
130710_1302~02.jpg

そして、今度はじっくりイトミミズの捕獲に取り組むことに(笑)ってか、子供の頃も、よく道路の側溝とかにイトミミズ取りに行ってたんです。自分が飼ってた黒出目金のためにw
まぁ、田舎でしたから。側溝を流れる水も、裏山から流れ出てきた綺麗な沢水で、ミツバやセリが自然に生えてるような場所でしたから、今のようにイトミミズが汚い泥水の中に住んでる生き物という認識はありませんでしたし。寄生虫や病気の知識も無く、怖いもの知らずだった事は否めませんが。幸いにも当時育てていた黒出目金は、病気もせずに15年くらい一緒に過ごすことができました。

昔は、こんな田舎イヤだなーって思った事もありましたが、今となっては海と山と川とに囲まれた綺麗な自然の中で子供時代を過ごせた事がどんなに幸せなことだったかよくわかります。そして、いろんな自然に対する知識を教えてくれた父にも、今更ながら感謝してます。
ほんと、小さい頃は毎日が楽しかったなぁ〜〜。

なんて・・・ちょっと昔を思い出しながら必死にイトミミズ取り。これがまた、ゴミが取れないし、逃げまくるし、ピンセットでつまんでも、勢い余ってつぶしちゃったりするしーーー。最後にはだんだん平気になってきて、ゴミのような泥のような塊を指で広げてイトミミズを探し出す、という(笑)
そして1時間頑張った成果がこちらです。
130710_1303~02.jpg
思った程大漁ってわけにもいかず、ちょっとがっかり・・・そして、やっぱりゴミは取りきれなくて、そのゴミに集まって必死に隠れようとするイトミミズ達。う〜ん。。ちょっとかわいそうだねぇ・・・・
もしかして、なんとかこれをもっと繁殖させる手立てはないものか?と、色々調べてみたりもしたのですが。結局のところ、たくさん増えたところであんなゴミまみれのまま食べさせるわけにはいかないわけだから・・・また綺麗に洗って選り分ける手間を考えたら・・・・ま、無理ですな(笑)
イトミミズを繁殖させて販売している業者の方々は、いったいどうやって綺麗に洗浄してるんでしょうねぇ????

あ、でも、もしかして水槽の砂の中に潜ったりして生き延びてくれたら、上手い事食物連鎖の輪が繋がったりなんかしない???かな???って・・・やっぱり無理ですよね。捕食者の方が断然数が多いんだし。しかもイトミミズが大発生する水槽なんて、水質ヤバ過ぎだし(笑)
と、思いつつも、一縷の望みをかけて、コリ水槽の目立たない影のあたりにイトミミズ達をばらまいてみました。
130710_1320~01.jpg
見える所ではもう、早速プラティとモーリーに奪われちゃったし、物陰部分のはプラティ稚魚達が狙ってきてました。なんとか砂に潜り込んだイトミミズもいたんですが、完全に潜るわけではなく体の一部を上に出してゆらゆらさせるので・・・もう、襲ってくれって言わんばかりの動き。。。そして、水草の陰あたりにばらまいたイトミミズたちには、コリ軍団が群がっていってました。
ま、そんなもんよね(笑)とりあえず、皆さん大喜びで食べてくれたので、良しとしましょうw
posted by kaori at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | メダカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70754307
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック