ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2014年04月14日

ロックシュリンプさん

そういえば、記事にするのを忘れてましたが・・・
3月頭にお迎えした新入りさん、ロックシュリンプさんです(^^)
エサとか難しいかなーと思ったんですが、なんとか元気に育ってますw
140414~1.JPG
最初の頃は、流木の下に入っていたり、水草の上をうろうろしたりと落ち着かなかったんですが、
最近ではだいたいこのヒーターの横につかまって扇のような手を広げてます。
ちょうどここが水流が当たるところなので、本能的にここに来ちゃうのかもですね〜。

よく、ロックシュリンプは水中のプランクトンしか食べないとか書いてあるサイトもありますが
色々調べてみたら、どうやら細かければメダカのエサや金魚のエサでも大丈夫らしいです。
とはいえ、そこはやっぱり混泳水槽だからエサが食べられてるかは心配なところ。。
ほんと、おっとりさんで自分から貪欲にエサを探すという事も無いし、
手を広げてたまたまそこに入ったエサをなんとか口に運ぶという非効率的な食事方法だから・・・

どうやら砂地を這ってエサを探し始めたら空腹が最高潮に達したサインらしいので、
そうならないよう気を付けなくては。。。。
とりあえず今のところは、広げた手に向けてちょっとずつ冷凍ブラインをスポイトでたらしてあげてます。
あまり一気にそそぐとびっくりして動きが止まっちゃうので、少〜しずつwww

意外にも他のメンバー達は、ロックさんのエサを奪いには来ないので、
今のところはちゃんと食べる事が出来てるっぽいですが。。。
水槽内に漂ったブラインは、ちょうどハナビさん達が綺麗にしてくれてるし。
まぁ、しかし、この給餌方法じゃ水は汚れるかもねぇ〜〜〜〜(^_^;)
ベアタンクにして水流を殺して、わざと底を這わせて沈んだエサを与える方法もあるあらしいですが・・・
エサが足りていれば、2週間くらいで脱皮しつつどんどん成長するらしいのです。
うちでは1カ月でまだ1回しか脱皮していないのよね・・・どうなんだろ???
なかなか難しそうだけど。今度メダカのエサも試してみようと思います。
結構な長生きさんらしいので、なんとか寿命を全うできるようがんばらねば♪
posted by kaori at 23:36| Comment(4) | TrackBack(0) | エビ

ベランダ復活

マンション全体を覆っていたシートが撤去されたので、
や〜〜っと植木たちをベランダに移動〜〜〜〜
室内に入れていた間、やっぱりみんなちょっと元気が無くなってしまいましたが。
なんとか枯れずに頑張ってくれました(^^)
140413~1.JPG
葉物は昨年冬が来る前に全部処分しちゃったので、今あるのは・・・
右奥から、オリーブ、アボカド、ローリエ、ローズマリー、
下の段にガジュマル、サボテン、そして手前左側に金の生る木。樹木系ばっかりです。

この金の生る木は、まだ私が10代だった頃バイト先のオーナーさんから頂いたもので、
なんと既に30年近く一緒にいます。自分で思い出してびっくりした(笑)
あまり植え替えしてあげていないので大きな木にはなりませんが、
数々の引っ越しにも耐え、いつも変わらず淡々と生きてるって感じの頼もしい子です。

アボカドさんは、種から育てた子ですが今年2年目の冬越しでした。
昨年は何事も無く過ごせた冬も、今年はさすがに室内での日光不足のせいか葉っぱが茶色になり
枯れちゃわないかハラハラしちゃいましたが、ほんと、無事で良かった〜。

睡蓮鉢もセットして、バナナプラントを植えてあります。睡蓮の代わりにwww
うまく育ってくれるといいけど・・・・まだちょっと水温低かったかなーー。。
来週からは足場解体が始まるので、それが終わって人の出入りが完全に無くなったら
メダカ達を引っ越しさせる予定ですが・・・外の水温に馴らせるための準備が難しいかなぁ。。
もちろん今もヒーターなんて入れていないけど、まだ室内の方が暖かいものね。
天気予報見ながら、気温が安定しそうな数日を選ばなくちゃ。。

そんな葉物の無いちょっと寂しいベランダですが、なんと、良いモノを収穫してきました。
都内、山手線沿線の道路脇にてw
140413~2.JPG
アップルミントの群生を発見し、人目を気にしつつちょいといただいてきました(^^)
JRの土地と道路の間の土手っぽい所なので、個人のモノでは無いから大丈夫かな、なんて。
さすがミント、繁殖力ハンパ無いですね〜〜。どこでも増えちゃうw

3本ほどいただいたのですが、そのうち2本は根っこもついてきたので、
水揚げだけしてそのまま植木鉢に植えておきました。
もう一本はコップに入れて根が出るのを待ちます。
茎も太くて元気なミントだったので、たくさん増えてくれるといいなぁ〜♪
posted by kaori at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物