ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年06月04日

パンダのデキモノ、その後

相変わらずデキモノを抱えたままのパンダさんですが・・・
一時は頭のあたりも発赤してるようにも見えたので、エロモナスか?それともまさかカラムナリスか!?と、焦ってしまったりしてました。
が、元気が無いわけではなく、食欲もあるし、鰭もピンとしてるし・・・その後数日経っても急変する事はなかったので、カラムナリス疑惑は消えました。ホッ。

とにかく元気に動き回ってるので、写真に撮るのがなかなか大変。ピンボケだったり遠目だったりではっきり写ってませんが、昨日の時点での写真がこちら。
130603_0749~01.jpg
かなりデキモノがはっきり大きくなってました。なんていうか、肉の塊りのような・・・
これって、腫瘍みたいなものなのかな????
多分、できた場所が尾鰭付け根だから身体への悪影響が少なくて済んでるんだと思われます。
これが頭部付近だったら・・・致命的だったのかも、ですね・・・・

そして今朝の写真がこちら
130604_0742~01.jpg
肉っぽい塊りが幾分小さくなっていて、赤い傷のような出血痕のようなものが見えました。
もしかして、デキモノの一部が取れたのか???????

そして今日の夕方の写真がこちら
130604_1803~01.jpg
雌パンダを追い回してる一瞬の隙をついての一枚です。
角度が悪いのでデキモノがほとんど見えてませんが、朝の傷っぽい赤味は消えてました。
ってか、とにかく元気すぎちゃってwww
赤虫でおびき寄せてみたり、ずーっと水槽の前で携帯構えてみたり、
シャッターチャンス!と思うと目の前をプラティが横切って行ったり、と、ほんと大変でした(笑)

今回の再発は、多分水質の変化の影響でまた悪化してしまったって感じなんだと思います。
思い当たる事と言えば、流木投入かもしれません。。アク抜きが足りなかったのかも。。
もともと弱酸性に傾きがちな我が家の水槽なのですが、
もしや新たな流木のせいで急激に酸性化してしまったとか・・・?
検査紙ではわりとアバウトにしかpHが調べられないので。。。
流木投入前後に、試薬の方できちんと検査すれば良かったと後悔してます。
きっと、健康な子達にとってはなんてことない変化でも、
尾鰭の付け根の一部分、ある意味肉がむき出しなこの子には耐えられない事なのかもです。。。

とりあえず、まだまだマメにゴミ掃除と部分換水続けて様子見です。
多分、水質に慣れてきたらまた落ち着いて良くなってくれると思ってます。

ってことで。お口直しに一枚。最近のステルバイさんの様子〜♪
130604_1831~02.jpg
相変わらず3匹一緒に居る事は滅多に無く・・・なんか違う子が混じってますけど(笑)
とりあえず元気にもふもふしておりますw
posted by kaori at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コリドラス