ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年02月24日

尾鰭欠損

130224_0905~01.jpgもともと一番最初にコリドラスを飼い始めたのは、青めだかをお迎えした直後の事です。昨年の春頃?10か月ほど前になりますか・・・
恥ずかしながら、その頃はまだコリドラスのなんたるかも知らず。ショップの「水槽のお掃除屋さん」という謳い文句に乗せられて飼ってしまったようなものです。。。
コリドラスファンの方、すみません。。。

当初、まだ今より一回り以上小さかった2匹のコリドラスパンダを、8L程度の小さいガラス水槽で飼育。もっと大きくなったらメダカと混泳させようかなぁ〜なんて考えつつ。。。
身体が小さいので、油断してしまったんですね。水質の悪化に気付かず・・・気付いた時には1匹の尾鰭の付け根にデキモノが出来てしまいました。

寄生虫か?細菌感染か?それとも腫瘍のようなものか??色々とネットで調べたりしても、同じような症状の子は見つからず・・・病名がはっきりわからないので、薬も使えず・・・
とりあえず塩水浴(金魚の治療の場合より薄めにして)1匹だけだとストレスになりそうだし、病気なら既に感染してるかもなので、2匹一緒に塩水へと。

一応どちらも食欲はあるし、背鰭もピンと立ってるし、元気ではあるんだけど・・・デキモノができた子の尾鰭だけは、どんどん無くなっていく感じ。。
いろんな病気のサイトを見ると、こうなったらもう助からない、みたいな記述もあり、かなり落ち込んだりもしましたが。とりあえず、毎日半分換水しつつ、様子をみること数週間・・・が、ありがたいことにそれ以上悪化する事無く、かろうじて線のような尾鰭が残ったまま今に至ります。

半年ほどの間は、デキモノっぽい名残があったのですが、今ではデキモノはすっかり無くなり、ただ尾鰭が欠損しただけのそれ以外は健康な身体に戻りました。身体もどんどん成長してるし、一緒にお迎えした子に比べるとむしろデカいwww
もしかしたら、水質が悪くて傷かなにかがあってそこから細菌が入って化膿しちゃった感じなのか・・・??今となってはわかりませんが。まぁ、私の責任なのは確か。あまりに無知過ぎました。
幸運な事に、頑張って生き延びてくれたパンダの生命力に感謝です。

そこから猛烈に調べて勉強して(笑)2匹じゃ寂しかろうとすぐに新たにパンダを2匹迎え、そして先日またジュリー3匹をお迎えして、コリ水槽になりつつある今日この頃ですw
posted by kaori at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コリドラス